『コンビニ・ララバイ』 [日常]

2021-06-02T22:33:45.jpg
池永 陽 :著(集英社文庫)

病院の待ち時間に読む本がほしいなぁ、と思って、古本屋さんに立ち寄って出会った本。
何気なく手に取って、何となく惹かれて購入。

2005年くらいに書かれた本なのに、ぜんぜん古さもなく、現在でも違和感ない世界観。

最寄りのコンビニでの話なのかな、と思うような日常感に、ときおり非日常な事件に目が離せない。

演出的な派手さもないのに、登場人物がすごく魅力的で、どの章も読み応えがあった。
次はこの著者さんの本にハマりそう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog