『ひらひら』 [日常]

2021-06-27T12:31:01.jpg2021-06-27T12:31:01.jpg
池永 陽 :著(集英社文庫)

悪になりきれない、下っ端のヤクザ。
読んでて、「辞めちゃえよ、ヤクザ。ほんと向いてないよ」と何度も思った。
こんなに身近に感じたヤクザの登場人物って初めてかも。

物悲しさとか諦めに似た感情とか、じんわりと割り切れない思いがあとを引く、そんな本だった。

『おっさんたちの黄昏商店街』(潮出版)よりも、『ひらひら』の方が好みかも。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。